2009年03月20日

It Bites - "The Tall Ships" ですが

img_20090316T231314328

It Bites - "The Tall Ships" (2008)

何気にネットで見つけて、懐かしさと、いくらかの期待と不安を持ってiTunesで購入したけれど、 ここまで良くできたアルバムとは思わなかったです。オリジナルメンバーで過去3枚のスタジオアルバムを発表していますが、最後の"Eat Me In St.Louis"からほぼ20年の歳月を経て発表された"The Tall Ships"は近年稀にみる傑作アルバムとなっています。

初期のバンドの核であったFrancis Danneryの穴は、新メンバーのJohn Mitchellが完璧に埋め、声質、 ギターサウンドともかなり似通ったところがあるので、以前のIt Bitesを知っている人でも違和感なく聴くことができます。

サウンドはきらめくようなPOPサウンドの洪水。プログレお約束の変拍子も随所に混ぜながらも、思わず口ずさみたくなるような、 美しいメロディ&コーラスがこのアルバムの特徴です。アルバムには往年のプログレファン向けともいえる"This Is England"という13分あまりの大曲も含まれており、十分に楽しめる内容となっています。 昨年のオリジナルASIAの新作発表もうれしい出来事でしたが、アルバムの完成度はこちらのほうが上回っていますね。 2009年の私的ベストアルバムの1枚となること間違いなし。

こちらでアルバムからの3曲を試聴することができます。 かわいらしいコーラスと"Kiss Like Judas"のようなボーカルラインが気持ちよい "Great Disasters" あたりがお勧めかも。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%84

e1[1]

 

posted by ジョニー at 00:41| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。