2005年11月10日

THEY ARE FLURE !

IMGP3016[1]

↑左上から1stアルバム FLURE (2002)、2nd EP POPLIFE (2003)、下段は3RD VANILLA

 

 最近はまっているFLUREです。ASAHI MUSIC FESTで彼らのライブを少し見てから日ごとに興味が沸いてきました。 音はもともとはグランジ系のようですが、3枚目のVANILLAからはボーカルQのB5というユニットでの活動の影響もあってか、音にやや幅が出てきているように感じました。1ST (フルアルバム)、2ND(EP CD+VCD)はFAT FEST1日目の朝に2日目のFLUREのステージに備えて購入しました。 1ST、2NDを聞いてみると3枚目での彼らの進化が良く分かります。1STは2002年、2NDは2003年なので、 その後の録音機器や技術の進化もあると思いますが、3RDは音がシャープにまとまっており、切れを感じます。 演奏技術もライブをかなりこなした成果か、アップしている感じです。 1STに収録されている彼らの代表曲と思われるPLOY PAI TARM HUA JAIPLIANなどを今再録音すると、 かっこいいでしょうね。

IMGP2877[1]  IMGP3019[2][1]

 先日のFAT FESTのCD販売ブースにもFLUREのブースがありました。 そこにはメンバーも座っており、オリジナルのポストカードを販売し、購入したファンにサインをしたり、 記念撮影をしたりとサービスしていました。ちょうどFLUREブースのすぐ前にBAKERY系のCDを販売しているブースがあったので、 すでに持っていVANILLAを買いなおし、私もサインをしてもらいました。 サインをしてもらったのはボーカル担当のです。 いがぐり頭の印象的な少し小柄な青年でした。JAZZが好きという彼のボーカルはとても特殊な声ですが、 慣れてくるととても中毒性のある声です。

 IMGP3017[1]

↑サインもちょっと変わってます。

 ところでこの最新作VANILAサイアム系でいこうさんの記事を参照ください。 )には10曲に"WASURETE HOSHI-I"という日本語の歌詞で歌った曲が収録されています。彼らのサイトを見てみるとこのボーカルのは日本好きのようです。好きな料理は日本食、行きたい国として日本をあげており、日本で住みたい、 というようなことを書いています。こういったコメントを見るとうれしくなるとともに、ますます好きになってしまいました。 ジャケットも日本人の手によって描かれたとても美しいイラストを使用しています。今後の活躍が期待されます。 日本でのライブも是非やって欲しいですね。

 

posted by ジョニー at 00:40| バンコク ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
初心者すぎてボケかましてますが、ようやくB5のQがRLUREのボーカルさんなんだと解明した者です^^; 明日からバンコクです。お薦めのこのアルバム探して購入します。
Posted by Hiroko at 2006年08月17日 08:29
必ずゲットして下さいね!
Posted by じょー at 2006年08月17日 23:07
なんとも悔しいのですが、このアルバムを買えずに帰って来てしまいました。
セントラルとエンポリでしか探してない私が悪いのですが、SOLD OUTって云われてガッカリです。。。
B5 EVENT THE CONCERTのVCDとCD、CAKE・TOR・PAUSE(二枚)とLOVE IS…素人とはいえちょっと少なすぎますね。



Posted by Hiroko at 2006年08月23日 21:37
それは残念でした。今でも結構売れてるってことでしょうかね。サイアムパラゴンのGLAMあたりをお勧めしておきます。
Posted by じょー at 2006年08月23日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今回の戦利品
Excerpt: 今回、CD/DVDはそれほど買い込むつもりもなかったのだが、あっちで1枚こっちで1枚と買っていたら結構な数になっていたり^_^;)。まずはCD編。まだろくすっぽ聴いていないので、感想はその内に。 M..
Weblog: KruntheepWalker
Tracked: 2005-11-28 02:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。